≪来苑されてからのルーティン ~健康チェック、水分補給、リハビリ体操~≫

今回、ご利用者様が来苑されてから午前中の様子をお伝えします。
送迎車が苑に到着し、フロアーに来られてから、上着を職員がハンガーへかけます。ご利用者様にはその間手洗い、うがい、手指消毒をしていただきます。お席に案内したあとは健康チェック含め水分補給、テレビを見たり新聞や広告、雑誌等を見てくつろいでいただいています。
10:30頃から、リハビリ体操の準備のため、ご利用者様にはマスク装着の声かけ、密にならないよう椅子を配置し、朝の挨拶や日付や曜日の確認、ちょっとした小話を交え気持ちもリラックスしてからラジオ体操の曲に合わせ体を動かします。
ボールを使った体操は人気ですが、久しぶりに手先の運動ため、柔らかいボールや、伸び縮みするゴムバンドを使って行いました。

≪久々の外出≫

コロナの感染予防で外出活動を見合わせていましたが、入念に打ち合わせを行い苑外活動を行いました。
緊急事態宣言が発出される中ではありましたが、無事に参拝を終えることが出来職員もホッとしました。

≪新年の抱負…みな健康で過ごせる年となりますように≫

明けましておめでとうございます、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
コロナウイルスの影響から外出行事を自粛していましたが、本年より状況を見ながら外出行事を再開してく運びとなりました。
新年初めの外出行事として、毎年お世話になっている葛西神社へ初詣に行ってきました。外の空気は寒かったですが、時折見える日差しが心地よかったです。
外出行事が心配な方は職員が参拝を代行し、数名ずつのご案内で一年の祈願をしてきました。自分、家族、友達の健康をお祈りするともに「コロナがなくなり平和な日々が過ごせますように…」
日々、感染者数が増え不安な毎日ではありますが、感染予防を徹底しご利用者が安心して過ごせるように対応していきたいと思います。

≪個性ある作品と、得意なこと、コロナに負けない体力を!≫

くつろぎコースの活動では季節の装飾や個人でできるもの、得意なことや密にならない範囲で、みんなで一緒に体を動かすことをして過ごしています。
作業系の活動では少し前になりますが秋の時期にはリス、柿や紅葉の絵手紙を色鉛筆や絵の具を使って行いました。また、昼休みや空き時間では自宅でも使える台布巾作りをしたりしました。ほかにもソーシャルディスタンスを保ちつつ、定期的に体を動かす機会を設けています。
身体を伸ばすだけでも気分転換になり、人気のあるボールや風船、お手玉を使ってストレス発散、コロナに負けない体力作りをしました。

≪クリスマスツリー≫

松ぼっくりを使ってミニクリスマスツリーを作りました。松ぼっくりは昨年職員が拾ってきたもので、ゆっくりと時間を掛け乾燥させたものです。みなさん思い思いの作品が出来上がりました。
(※撮影の為マスクを外しました。)

≪小物作りをしました≫

今月は個人製作として100円ショップで購入でき簡単に作れるかわいい小物作りをしました。
材料は合皮のはぎれ、フェルト、カラーコードの三種類で簡単に出来ちゃうんです。
はじめに、はぎれとフェルトの色を選び、四隅に穴を開け、カラーコードを穴に通しかた結びすれば完成。
家の鍵や目薬、薬などちょっとしたもの入れるのに最適です。
男性ご利用者様のなかにはピンク色のはぎれを一番に選ばれ作業されていました。