梅雨がいつの間にか明けてしまいました。とても短い梅雨でした。6月中に明けるのは珍しいとのこと。今から水不足が心配されるとのことですが、降っても降らなくてもニュースになります。丁度いいということは殆どないですね。気温と湿度が高いのでかなり汗もかき体力消耗が大きい季節です。体調管理には十分気をつけていきましょう。
気候の変動からか、いかやトビウオ(あご)が獲れなくなっていると聞きました。天然ものの魚は調整することが困難ですから厳しいですね。同じ様に養殖のうなぎも稚魚は天然で年々減少傾向とのことで、うなぎの値段が高騰しています。今年の土用の丑の日の当苑の食事にうなぎの蒲焼を入れるか他の「う」の付くものにするか議論になしました。結果、ご利用者分はうなぎのかば焼きと卵焼きの盛り合わせをご飯の上にのせて丼重に入れる事になりました。食文化や食習慣の伝統も大事な部分がありますが、時代時代で意義を確かめながら形を変えていくことも大事ではないかと思います。
うなぎの蒲焼は大きく関東式と関西式に分かれます。①関東式はうなぎを背開きで1尾を2~3つに切って竹串に刺して素焼き、蒸し、焼きながらたれを付けてを何回か繰り返し色よく仕上げます。②関西式は頭を付けたま腹開きにして切らずに長いまま焼き串を刺して焼きます。そのまま蒸さずにたれをかけて焼き上げます。蒸していないのでうなぎの脂がとろりと残るのがうま味につながるとか。個人的には関西風は食べたことがないので何とも言えません。一度関西式を食べてみたいと思います。
それではまた来月よろしくお願い致します。